英語学習

ケンブリッジ大生が教えるIELTS対策-ライティング編-

いぬ
いぬ
IELTSライティングってどうやって勉強すればイインダヨ…

あざらし
あざらし
心配はいらぬ。ライティングには正しい対策法がある

筆者はこれらの勉強法を実践することにより1年間でライティングセクションを5.0から7.0に上げることに成功しました。

IELTSライティングにおける基本的戦略

IELTSライティングはTask1とTask2の2つの点数を元に全体のスコアが計算されます。

以下が換算表になります。

ここで重要な点は、タスク1は目標点より1.0低くても問題ないという点です。

例えばライティングセクションの目標点数が7.0である場合には、Task2で7.0を取ることはマストであり、Task1では6.0点でもOKなのです。

IELSTの勉強を始めたばかりの方の中には

「まずはTask1を完璧にしよう」

とTask1にフォーカスする方がいますが、これは得策とは言えません。

恥ずかしながら筆者も長いことTask1ばかりやっていました。

Task1はパターンで解けるようになる上、重要度が低いのでとにもかくにもTask2に集中という戦略が良いと思います。

IELTSライティングの対策で取り入れるべき8つのポイント

それではまずはどちらのタスクにも共通の勉強法をみていきます。

1. 時間無制限でエッセイを書く

最初から制限時間内に質の高いエッセイを書こうとするのは難しいです。

リーディンで時間無制限回答をおすすめしたのと同様に、

ライティングでもまずは自分が納得できるクオリティの文章を制限時間を気にせず書くようにします。

最初は制限時間なしの状態で目標点に到達するエッセイを書けるようになりましょう

2. 語彙や表現を調べてエッセイに修正を加える

次に、エッセイができたら

「repetitionの多い単語を言い換えられないか」

「この表現はもっと他に言い方がないか」

などを調べて加筆・修正します。

これを行うことで語彙にバリエーションを持たせることができるようになります

三単現のsや冠詞のチェックも行い、小さなミスを減らす癖をつけるようにしましょう

3. 添削を受ける

次に、作成したエッセイを添削してもらいましょう。

バンドディスクリプターに基づいた客観的な評価をできる方は少ないので、

後述するようなオンライン添削サービスを利用することをおすすめします。

・タスク達成度

・内容の一貫性

・語彙力

・文法の幅広さと正確性

4項目の評価と文章中の間違えの修正ができる添削サービスなら基本的にどれでも問題ないと思います。

4. 4つの評価項目のうち、どこに伸びしろがあるのかを確認する

次に、フィードバックの結果を元に弱点を補強します。

もしエッセイが目標点に到達しているのであれば、

あとは時間を短くするためのトレーニングを行えば良いですし、

もし目標点に達していないのであれば、

4つの評価項目のうちどこが足りていないのか、

それを補うためには何をすれば良いのかを考えていく必要があります。

 

評価項目ごとに見る重要性がわかるエピソードがあります。

筆者の友人で6.5点から7.0点にライティングを伸ばそうとしている方がいました。

彼はエッセイ全体の点数だけをみていたので、自分が改善すべき点が明確に理解できておらず、より難しい語彙を使うことに労力を割いていました。

そこで4つの評価項目を採点してもらったところ、

・タスク達成度: 6

・内容の一貫性: 6

・語彙力: 7

・文法の幅広さと正確性: 7

となっており、実はすでに十分な語彙力が運用できていたということがわかりました。

その後、彼は「タスク達成度」と「内容の一貫性」を高めることに焦点を当て、

見事7.0を取得しました。

エッセイを書く際には常に評価項目に分解して改善点を確認をしましょう。

5. 添削ノートを作る

添削の過程で修正されたポイントを確実に覚えることが大切です。

さっと読み流すだけだと忘れてしまうので、添削ノートを作って何度も復習するのが良いでしょう。

添削されたエッセイそのものを使って復習しても良いのですが、時間が膨大にかかるので、筆者はワードに直されたポイント追記していきました。

6. 制限時間を設ける

時間無制限で目標スコアが取れるようになってきたら、少しずつタイムマネジメントを意識しましょう。

Task1であれば25分、Task2であれば60分あたりから始めてみます。

それでも目標点が取れる場合にはさらに時間を短くし、

最終的にはTask1を15分Task2を40分くらいで解けるようにしましょう。

7. モデルアンサーの分析

アウトプットを重ねてばかりだとエッセイの型や表現が凝り固まってしまうので、

モデルアンサーの分析によってインプットをしてみるのがおすすめです。

筆者はBand 9.0のエッセイを読んで、論理展開や使える表現をストックしていきました。

語学なので自分で新たな表現をひねり出す必要はなく、

誰かの書いたかっこいい表現を真似ていくのが一番です。

自分で文を作ろうとするから不自然な言い回しになってしまうことが多いのが実情だと思います。

モデルアンサーの分析は、自分がエッセイを書いたらそれに関連するものを読んでみると参考になるでしょう。

質の高いモデルアンサーは下記のサイトで手に入れることができます。

IELTS Menter

https://www.ielts-mentor.com/writing-sample/writing-task-2

IELTS Podcast

https://www.ieltspodcast.com/band-9-sample-essays/

8. テーマごとに解いていく

最後にTask2で意識しておきたいこととして、

「テーマによって得意不得意のばらつきを無くしておく」

というものがあります。

IELTSライティングTask2では大きく区分して下記の10テーマから出題されます。

・Education

・Media/Technology

・Career/Business/Economy

・Art/Leisure

・Environment

・Family/Gender

・Health

・Crime

・Global Issue

・Transport

これらをバランスよく解くことで、本番でどんなテーマが出題されても対応できるようになります。

トピック別のボキャブラリーノートを作ることもおすすめです。

筆者はこんな感じで管理していました。

 

実際にどのくらいのエッセイを書いたのか

5.0から7.0までスコアをあげるのにどのくらいエッセイを書けば良いのでしょうか。

筆者の場合、Task1では約80題、Task2では120題くらい書いた形跡がありました。

序盤は評価項目にそった添削をしてもらっていなかったので、非常に鈍い成長でした。

学習期間の中盤にモデルアンサーの分析を積極的に行うようになって、一気に伸びました。

モデルアンサーは300題以上読んだと思います。

何題解けば良いという明確な基準はありませんが、一題から少しでも多くのことを学ぶ姿勢が大切です。

解き方や時間配分について

まず、解く順番については筆者はタスク2から先に解いていました

Task2が圧倒的に重要なので45分程度かけても良いというのが筆者の見解です。

まずは落ち着いてTask2を仕上げました。

ある程度慣れてくるとTask1が15分でかけるようになりますが、書ききれないと減点があるので、そこはご自身のやりやすいように調整する必要があります。

言い換えると、

Task1をギリギリで終わらせられるくらいまで、Task2に時間をかける

という戦略が最も有効でした。

実際に使ったサービス

最後に筆者が実際に使ったサービスをご紹介します。

My tutor

https://www.mytutor-jpn.com/

Skypeを使ったオンライン英会話サービスです。

講師はフィリピン人ですが非常に質が高く、IELTSにも精通している方が多かったです。

1コマ25分で、料金は50コマで3万年弱でした。

1コマ600円くらいということになります。

事前に問題をもらって解き、授業直前に講師に送り、授業時間の中でリアルタイムで修正をしてもらいました。

修正の仕方等は講師によって異なるので、相性の良い講師を見つけることが大切です。

IELTS Answer

https://www.ieltsanswers.com/

こちらはオーストラリアのMikeさんという方が運営している添削サービス。

Wordファイルでエッセイを送り、約24時間後に添削結果が届きました。

評価やコメントは辛めですが、指摘されたポイントを改善していくと自然と上達していきます。

料金は10回分で70ドルでしたので、1回800円ちょっとという計算になります。

中盤まではMy tutorとIELTS Answerを並行してやっていましたが、

後半では忙しくてスカイプでのやりとりをする時間が取れなくなっていたので、

IELTS Answerに一本化しました。

好みなのでどちらでもいいと思います。

 

IELTS対策にはPlus One Pointがオススメ

これから初めてIELTSを受験する方や、一度受験したことがあるけど惨敗してしまったという方は、専門のスクールも視野に入れるべきです。

なぜなら、日本にはIELTSに関する情報が少ないから。

独学で勉強するには、情報量が少なく、正しい情報が得られない為、成果を出すのに時間が掛かります。

たとえば、海外の大学に進学するために、IELTSが必要な方は、大学受験の日にちもあるので、あまり時間を掛けていられませんよね。

時間を節約し、より確実に点数を取るためにも、プロに教えてもらうことが良いと言えるでしょう。

ですが、IELTSに特化したスクールというのは、あまり多くありません。

中には、TOEICや英検を教える傍らで、IELTSを教えているといったスクールもあります。

そんな中で、私がおすすめするスクールは「Plus One Point」 通常、IELTSやTOEICに特化したスクールというのは、会費が月に数十万円掛かりますが、Plus one pointでは、月に約65,000円からスタート出来ます。

また、他のスクールより料金が割安なのにも関わらず、講師全員がIELTSのハイスコア持ち。

IELTSに特化したスクールなので、ノウハウもバッチリです。

TOEICや英検のノウハウは、調べれば無数に出てきますが、IELTSの場合、多くは出てきません。

なので、正しいノウハウを手に入れるためにも、専門のスクールに通うことを視野に入れておいた方が良いのかもしれませんね。

今なら無料学習相談も受けられるので、ぜひ活用してみてください。

まとめ

本記事ではライティングの基本的な勉強法を筆者の実体験を交えてご紹介しました。

この記事の内容をおさらいします。

IELTSライティングの勉強法

・添削を活用する

・特にTask2に注力する

・どのテーマが来ても対応できるようにする

ということです。

これらの知識を活用して読者のみなさんが目標スコアを獲得できることを願っています。

他のセクションについても勉強法をまとめてありますので、合わせてご覧ください。

https://british-tea.site/?p=41

https://british-tea.site/?p=44

https://british-tea.site/?p=49