英語学習

安倍総理の英語力は高い!? 【スピーチや経歴から英語力を分析】

いぬ
いぬ
安倍総理の英語力ってどのくらいなの?

政治家になってから英語が上手くなったという噂は本当?

そんな疑問に答えます。

安倍総理のスピーチから英語力を分析

日本の首相として海外の要人と交渉をしなければならない安倍総理には、高い英語力が求められます。

それではどれほどの英語力があるのでしょうか?

ここでは2つの動画を元に安倍総理の英語力を分析してみました。

1つ目の動画は2015年に米国連邦議会で1時間にも及ぶスピーチをしたものです。

連邦議会といえば日本の国会に相当する会で、アメリカの主要な政治家にその実力を推し量られる大切な場面です。

それでは動画を確認してみましょう。

いかがでしたか?

安倍総理の英語は聞き取りやすい発音で、非常に堂々としているように見えます。

シンプルな文法ながら誤りも少ないので、説得力を持って伝える能力は十分あるといえます。

安倍総理のスピーチの最大の強みは、意味の区分に切って発音していることです。

そのため、要点が分かりやすく無駄がありません。

 

次に、2019年に京都で行われた国際会議でのスピーチをみてみましょう。

約5年の歳月を経て、英語力にさらなる磨きがかかったことがわかると思います。

より英語らしい発音になっていますね。

さらにはアイコンタクトや身振りがはっきりしたことで、一層力強いスピーチになっているという印象を受けます。

実務を通して英語力を磨いてきたことが分かります。

また、スピーチの構成や内容も素晴らしいですね。

原稿は官僚の方が書いているのだとは思いますが、将来のビジョンや具体例が豊富に盛り込まれており、内容の濃いスピーチでになっていました。

安倍総理の英語学習法

安倍総理はもともと英語をどのくらい勉強していたのでしょうか?

安倍総理の口から直接語ったインタビューなどが見つけられなかったので、ここでは安倍総理の経歴から探ることにします。

まず、安倍総理は成蹊大学法学部を1973年に卒業し、その後、神戸製鋼に入社します。

神戸製鋼で海外赴任の話があったからなのか、1977年頃に2年間アメリカへ留学しています。

最初にカリフォルニア州ヘイワードの英語学校に入学し、しばらくしてからロングビーチの語学学校に入り直しています。

翌年に南カリフォルニア大学の英語コースに入学し、3セメスター(休暇を含めて10ヵ月程度)同校で学んだようです。

その後、神戸製鋼ニューヨーク支社での勤務を果たしています。

2年間アメリカで英語を勉強し、ニューヨークでの勤務経験もあるので、仕事がスムーズにできる程度の英語力を身につけていたと考えられます。

その後、首相になってからは実務経験を通してさらなる上達をしていったのでしょう。

安倍総理に学ぶ!大人になってから英語をマスターするコツ5選

安倍総理の英語学習方法を参考にして、みなさんにも応用できるコツを5つご紹介します。

1. アウトプットに特化する

安倍総理は実用を重視した英語学習をしてきたことが分かりました。

特に政治家として必要なスピーキング力に特化して勉強をしてきたことで、政治の場でも通用する高い英語力を身に付けることが出来ています。

もしあなたが「仕事で使える英語を身につけたい」と考えているのであれば、安倍総理のように英語を話す機会を増やすことが良いでしょう。

オンライン英会話などを活用して、英語を話すことに慣れることが大切です。

安倍総理の5年間の進歩を目にすると、コツコツ続けることの重要性が分かります。

2. 毎日英語に触れる

安倍総理は公務で海外に行く機会が多く、スピーチの練習を含めればほぼ毎日英語に触れていたであろうと予想されます。

やはり語学を身に付けるには、その言語に絶えず触れ続けることがポイントです。

仕事が忙しいと勉強がおろそかになってしまいがちですが、オンライン英会話や早朝の英会話クラスなどを活用して、毎日コンスタントに勉強できる環境を作りましょう。

3. 一緒に勉強する仲間を見つける

安倍総理の周りには優秀な官僚の方々がいます。

彼らは政治だけでなく語学にも明るく、時には通訳としての役割を果たします。

そういった方々に囲まれて英語を使う環境にいたので、自然と高い目標を持つことが出来ていたのではないかと思われます。

言語を習得するプロセスは地道ですぐには成果が分かりませんが、一緒に学ぶ仲間がいることで楽しく努力を継続することができるようになります。

4. 目標をはっきりさせる

安倍総理が英語を学習する目標は明確であったはずです。

会社員時代には海外駐在のポストを得て、活躍するため。

政治家時代には外交を成功させるため。

はっきりとした目標があれば伸ばすべきスキルが具体的に定まるので、目標達成にフォーカスした勉強を選ぶことが出来ます。

私たちが英語を勉強する際にも、「なんのために英語を勉強するのか?」を決めることでモチベーションを維持し、必要なスキルに絞った対策ができるようになります。

5. 添削を受ける

安倍総理はスピーチの練習を何度も何度もしていたはずです。

その際には通訳の方などのフィードバックを受け、聞き取りにくい発音や、不自然な区切り方を1つ1つ矯正していったと思います。

このように、適切な添削を受けることは英語学習において必須です。

それによって学習効率が高まり、伝わる英語を素早く身に付けることができるようになります。

みなさんもスピーキングの修正や、ライティングの添削を先生に行ってもらうことで、自分が間違えやすいポイントを認識し、効率よく上達していきましょう。

まとめ

安倍総理のスピーチは非常に分かりやすく、世界中どこの国の人にも内容が伝わるものでした。

その裏には英語学習を数十年継続してきた努力があります。

安倍総理の英語学習から学べるポイントがいくつもあるので、それらを取り入れてみなさんの学習も加速させましょう。

本サイトでは様々な英語学習方法を紹介しているので、合わせて参考にしてみてください。

IELTS勉強法まとめこの記事ではサイト内にバラバラになっている、IELTS対策用の記事を用途に応じて分け、読者の方が必要な記事にすぐにたどり着けることを目的...
英語学習を継続するコツBest5【悩み相談で見えてきた根本的理由】学生のうちだけでなく、社会人になってから英語学習を再開する人も少なくありません。 そこで直面するのが「勉強をしようと思っていても、...
Twitterを英語学習に活用!メリットや優良アカウントまとめ これらの疑問に答えます。 現代では多くの人がSNSを利用しており、手に入れる情報の大部分がSNSから来ると言っても過言では...
初心者でもできる!?TEDを使ったオススメ勉強法 このような疑問に答えます。 TEDとはTechnology Entertainment Designの略で、大学の先生や経...
BBCで英語の勉強はできる?メリットや具体的な勉強法まとめ こんな疑問に答えます。 BBCはイギリスの民間放送局 British Broadcasting Companyの略で、世界...