英語学習

海外での就職にはIELTSのスコアが有利? 求められるスコアまで解説

英語力を活かして海外で就職をしたい!と考えた際、日本国内で受験できる英語試験には、TOEICやケンブリッジ検定、そしてIELTSなどがあります。

特に、イギリスをはじめとする海外各国でのビザ取得時に必要となるIELTSは、海外での就職を志す人にとって重要な試験の1つです。

そこで今回は、このIELTSが具体的に海外での就職にどのように役に立つのかについてお伝えします。

IELTSは海外での就職に有利?

企業の事業内容によっては即戦力の英語力は大きな武器

海外での就職にあたって、高い英語力を証明することは必須条件であり、同時に自己のアピールポイントでもあります。

この“英語力”というのは、ペーパーテストの高成績というよりも、社員として一緒に仕事をする上で、または取引先との交渉をする上で、実用的な英語力があることを示すことが重要です。

そのため、海外企業の多くが「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能の全てを測ることができるIELTS試験のオーバーオールスコア(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのセクションのスコアを足して4で割った合計=平均点)を重視する傾向があります。

すなわち、IELTSのスコアを持つことは、海外企業で仕事をするために必要な英語力を持つ人材であることをアピールできる武器となります。

IELTSのスコアが募集条件として必須の海外企業も

総合的な英語力を可視化することができるIELTSのスコアは、海外企業の募集条件の1つとなることが多くあります。また、募集条件としての記載がなかったとしても、選考を通過するにあたって有利に働くことは先述の通りです。

また、IELTSの公式HP内では、IELTSのスコアを選考基準としている企業・団体を検索することも可能です。

IELTSとTOEIC、どちらが海外での就職に有利?

TOEIC Listening & Reading Testは全てマーク式の問題です。またTOEIC Speaking & Writing Testsのスピーキングパートは面接官との会話ではなく自動音声案内に従って自分の声を録音⇒採点、となっています。

一方で、IELTSでは、ライティングはもちろん、リーディングやリスニング試験にも記述問題を含みます。スピーキングは面接官と直接会話をし、バンドスコアが出る仕組みとなっています。どちらの試験も英語能力を測ることは可能ですが、IELTSのほうが、海外で就職した際の実践的な力により近い試験であるといえます。そのため海外の就職市場では、TOEIC以上にIELTSに知名度があるというのが実情です。

当サイト内で、IELTSとTOEICの違いについてより詳細にまとめた記事がありますので、ぜひこちらもご確認ください。

IELTSとTOEICの違いは?問題形式や目的を分かりやすく解説英語力を測るテストはいくつかあります。 大学進学、留学、転職活動などを目的に、それらの受験をお考えの方も多いのではないでしょうか。...

海外での就職に必要なIELTSのスコアとは?

アカデミック・ジェネラルのどちらのスコアが求められるか

IELTSには、アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールの2種類があります。

アカデミック・モジュールは主に留学時に使用し、ジェネラル・トレーニング・モジュールは海外移住や永住権申請・ビザ申請時に使用します。

海外での就職が目的であれば、日常生活や職場でのやりとりを想定した課題や設問を中心に構成される、ジェネラル・トレーニング・モジュールを受験することをおすすめします。

各国の就労ビザ申請に必要なIELTSのスコアまとめ

実際に、各国で就労ビザを申請するにあたって必要なIELTSスコアを以下にまとめました。国やビザの種類により、必要なスコアが異なりますので、概要の掲載となります。より詳細な情報は各国のビザ申請についてのHPなどを改めてご確認ください。

オーストラリア Functional:IELTS Overall 4.5以上

Vocational :各セクション5.0以上

Competent:各セクション6.0以上

Proficient:各セクション7.0以上

Superior: 各セクション8.0以上

カナダ

※求めるビザによって必要なスコアが変動

※就労ビザも職業によって必要なスコアが変動

CLBスコア7

※IELTS換算6.0程度

ニュージーランド Business(投資家):IELTS Overall 3.0以上

Business(起業家):IELTS Overall 4.0以上

Parent:2つ以上のセクションでIELTS Overall 4.0以上

Residence from Work:IELTS Overall 5.0以上

Skilled Migrant:IELTS Overall 6.5以上

イギリス IELTS for UKVIでCEFR B1以上

※Listening、Reading、Writing、Speaking全てのセクションでバンド4.0以上、Overall4.0

各企業の求めるIELTSスコアとは?

では、就労ビザとは別に、各企業の募集条件ではどの程度のIELTSスコアが求められているのでしょうか。

先述のIELTS公式サイト内の掲載企業を調べてみると、Min. Band Score(募集にあたって必要な最小バンドスコア)を5.5~7.0の間で設定している企業が大半であることがわかります。

就労ビザ自体はIELTSスコア4.0程度から取得できる国もありますが、やはり企業人として仕事をするにあたっては日常会話よりやや上のスコアを求める企業が多いということがわかります。

就労ビザ取得にあたってIELTSの学習をする予定がある場合、希望とする企業の募集要項をあらかじめ確認したうえで、バンドスコアの目標を設定することで、ビザの取得と希望とする企業の募集条件を満たすという2つの目的を達成できるスコアが可視化されます。

また、具体的に志望する企業が決まっていないという方は、多くの企業の募集に必要な条件を満たせるオーバーオールスコア6.5程度を目標に設定することをおすすめします。

当サイト内では、バンドスコア別にIELTSの勉強法を解説した記事がありますので、ぜひこちらもご確認ください。

IELTS6.5のレベルはどれくらい? 勉強時間や勉強法を合わせて解説『海外大学、大学院に行きたくてIELTS 6.5 が必要なんだけどどのくらい難しいんだろう?』 『IELTS は受けたことあるけど...
IELTS(アイエルツ)の難易度は?5.5をとるために必要な英語力を解説「これからIELTSを受けようと思うけど、どのくらい難しいか分からない」 「IELTSで5.5点が取れる英語力はどのくらい?」 ...

IELTSスコアとともに、海外での就職に求められるもの

業務にあたって十分なコミュニケーション力

ここまで、就労ビザ取得や海外企業への応募条件などを通して、求められるIELTSの具体的なスコアをお伝えしてきました。

しかし、IELTSスコアはあくまでもその人の英語力を数値として可視化したものに過ぎず、企業が本当に求めているものは、共に働くにあたっての円滑なコミュニケーション力です。

すなわち、海外の企業に就職するということは学問としての英語の知識はもちろん、上司や同僚・取引先とのやりとりがスムーズにできることが求められます。

これは海外の企業への就職に限らず、日本国内の企業でもそうであるように、仕事における信頼関係を構築するにあたって必須の力と言えます。

ネイティブに比べて不足が予測される語彙力の積極的な補強

これから海外企業への就職を志す方にぜひ留意いただきたいのが、語彙力の積極的な補強です。

IELTSは総合的な英語力を測ることのできる試験のため、IELTSの目標スコア達成のために習得する語彙は、海外での生活に多いに役に立つことと思います。

一方で、自身が就労する業界の専門用語や表現といった語彙は、必ずしもIELTSの学習で身につくものではありません。

例えば法律関係・建築関係・医療関係といった、それぞれの業界で用いられる語彙については、改めて自身で学習する必要があります。

この点は、母語を英語とするネイティブに比べて比較的不足しがちなポイントとなるため、就職後の展望も踏まえた積極的な語彙学習が必要です。

海外での就職に向けてのIELTS対策とは

IELTSのスコア取得をゴールと考えない、高いレベルを目指す学習が大切

IELTSをはじめ、英語試験などで目標が設定されることで、「試験のために英語を勉強する」という姿勢になりがちです。

しかし、IELTSは海外での就職にあたってのゴールではなく、ファーストステップです。

IELTSのスコアを伸ばすことだけを目標とした英語学習ではなく、「海外の企業で活躍できる英語力」を求める手段の1つとして、IELTSの目標スコア取得以上の高いレベルを目指す学習を心がけることが大切です。

実戦的な経験・学習ができる専門スクールがオススメ

これから初めてIELTSを受験する方や、これまでの受験よりもハイスコアを目指す方は、専門スクールでの学習がオススメです。

なぜなら、日本にはIELTSに関する情報が少ないから。

独学で勉強するには、情報量が少なく、正しい情報が得られない為、成果を出すのに時間が掛かります。

たとえば、海外の大学に進学するために、IELTSが必要な方は、大学受験の日にちもあるので、あまり時間を掛けていられませんよね。

時間を節約し、より確実に点数を取るためにも、プロに教えてもらうことが良いと言えるでしょう。

ですが、IELTSに特化したスクールというのは、あまり多くありません。

中には、TOEICや英検を教える傍らで、IELTSを教えているといったスクールもあります。

そんな中で、私がおすすめするスクールは「Plus One Point」

通常、IELTSやTOEICに特化したスクールというのは、会費が月に数十万円掛かりますが、Plus one pointでは、月に約65、000円からスタート出来ます。

また、他のスクールより料金が割安なのにも関わらず、講師全員がIELTSのハイスコア持ち。

IELTSに特化したスクールなので、ノウハウもバッチリです。

TOEICや英検のノウハウは、調べれば無数に出てきますが、IELTSの場合、多くは出てきません。

なので、正しいノウハウを手に入れるためにも、専門のスクールに通うことを視野に入れておいた方が良いのかもしれませんね。

今なら無料学習相談も受けられるので、ぜひ活用してみてください。

まとめ

ここまで、IELTSが海外での就職においてどのような役割を持つかをご紹介してきました。

IELTS自体の学習ももちろんですが、実際に海外の企業に就職後を見据えた英語学習ができると、より自分自身の目標に近づけるように思います。

IELTS対策を通して、海外の企業で働くにあたって必要な英語力を身につけていただければと思います。

そして、そのための効率的な学習方法の1つとして、専門スクールの活用もぜひ検討してみてください。