株式投資・積立NISA

2021年1月の積立NISAの実績を公開|25歳の投資ライフ

あっという間に年末年始休みも明けて、本格的に仕事が始まりましたね。

関東でも緊急事態宣言が再度発令され、穏やかな状況とは言えない日々が続きますが、積立投資のスタンスは変えずに淡々と続けていきましょう。

この記事では、2021年1月現在の証券口座の状況を公開し、皆さんの投資のモチベーションをアップすることを目的としています。

それでは早速見ていきましょう。

証券口座の合計

1月9日現在の実績は次のようになっています。

証券口座の資産総額: ¥718,444

先月から16万円ほど増えました。

評価損益は+65,112、利回りは9%です。

コロナウイルスの感染拡大により株価が暴落した時に一気に買い付けができたので、2年目にしては順調な利回りで推移しています。

証券口座の内訳とそれぞれの利回り

内訳は次のようになっています。

つみたてNISA口座

  • 楽天・全米株式インデックスファンド: ¥479,444 (+9.09%)

特定口座

  • 楽天・全米株式インデックスファンド: ¥169,098 (+10.64%)
  • 楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型): ¥21,587 (7.93%)
  • フィデリティ・欧州株・ファンド: ¥48,315 (+7.36%)

アメリカでは国会議事堂がトランプ派の民衆によって占拠されるなど、社会情勢は不安定ですが、かなり堅調に株価が上昇しています。

楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)は半分を債券に投資するバランスファンドでありながら、欧州株ファンドを上回る実績をあげており、アメリカの安定感が見て取れます。

12月中旬の追加購入

先月12月の実績は下記で公開しています。

証券口座を公開!2020年12月の投資実績を紹介しますみなさんこんにちは、順調に積立投資は進んでいますか? 私は2020年に積立NISAを開始し、現在は積立NISAを限度額いっぱいまで...

そこからの変更点としては、月々の積立の他に、スポット購入をしています。

スポット購入の銘柄について迷っているという話を上記の記事でしましたが、結局は安定の楽天・全米株式インデックスファンドを7.5万円分、フィデリティ・欧州株・ファンドを2.5万円分購入しました。

12月は株価が右肩上がりだったので、12月末に買ったのはやや勿体無かった感もありますが、その後1月に入ってからさらなる成長を見せているので、今の所は追加購入して良かったと考えています。

資金に余裕があるときはあまりタイミングを選ばずにすぐに買っても問題ないというくらいに捉えています。

2021年の投資のスタンス

2021年は生活防衛資金(貯金としてキープしている資金)を倍増させる計画があるので、投資に回すお金は少なくなると思います。

おそらくは積立NISA枠を満額消費するくらいだと思うので、2021年末には115万円くらいになっているイメージですね。

あまり代わり映えはないかもしれませんが、この毎月の運用報告は継続していこうと思います。

証券口座も3桁万円に載せるのが待ち遠しいので、そこまでカウントダウンをしていきます!

まとめ

2020年12月は資金に余裕があったため、大幅なスポット購入を行いました。

その結果、運用額を大幅に伸ばし、ついに70万円を突破。

2021年は毎月3.3万円の積立になりますが、大台も見えてきたのでさらに気合いを入れて積立を続けていきます。

ぜひ一緒に資産運用を頑張りましょう!