英語学習

IELTSは何回受ける?目標スコアと期間に分けて目安の受験回数を解説

「どのくらいの頻度でIELTSを受験すべき?」

「なるべく少ない回数で目標スコアを取りたい」

とお考えではありませんか。

結論、IELTSの受験回数は4〜5回が平均です。ただ、6.5点以上を取得したい場合は受験回数が増えてしまう傾向にあります。この記事では、IELTSの受験回数の目安と、目標となるスコア別の受験プランをご紹介します。

IELTSの平均受験回数は「4〜5回」

IELTSの平均受験回数は、4-5です。

目標点が5.0〜5.5点の場合、大学レベルの英語力を有している方が適切な対策をすれば、1回の受験で取得できる可能性があります。

しかし、6.5点以上を取得することはある程度英語力のある方にとっても容易ではなく、受験回数が増えてしまう傾向にあるのです。

IELTSの受験回数は、期間と目標スコアによる

IELTSの受験回数は、勉強をする期間と目標スコアによって異なります。

というのも、高いスコアに到達するためには英語力の底上げと同時に、IELTS対策に特化した試験対策が必要だからです。

ここからは対策期間と目標スコア別に目安の受験回数を解説します。

対策期間が1年ある場合

1年の勉強期間がある場合は、2ヶ月に1回の受験がおすすめです。

2ヶ月間のプランをもとに対策を行うと、中弛みしにくくなりますし、試験慣れができるというメリットもあるので、ある程度長い期間勉強できる場合には、2ヶ月に1度の頻度で受験してみましょう。

3ヶ月以内に1点前後のアップを目指す場合

3ヶ月以内に0.5〜1点ほど点数を上げたい場合、受験回数を多くすることがおすすめです。

できれば1ヶ月に1回受験しましょう。

なぜなら、スコアは答えやすい問題かどうかでも多少変わるので、1回の試験に全てをかけるのではなく、スコア間でのブレも考慮して2, 3回受けると真の実力を発揮しやすいからです。

特にスピーキングやライティングでは、対策したことのある問題が出るケースも多いので、なるべく多くの問題に触れて、試験で「このパターンはやったことがある」という状態にできるようにするのがおすすめです。

6ヶ月以内に1点以内のアップを目指す場合

6ヶ月以内に1点以内のスコアアップを目指す場合、最初の3ヶ月の間で1回、残りの期間で月に1回ずつの受験がおすすめです。

前半の期間でIELTSの問題を把握し、基礎学力をつけ、後半でより実践的な学習を通して試験慣れしましょう。

受験回数だけでなく、準備を入念に行おう

提出期限が迫っている場合でも、受験回数を増やすだけでなく、入念な準備を行うことが大切です。

中でも、IELTSのライティングは難易度が高く、学術的な文章を書く力が求められます。

そのため、解答例を書き写すだけでなく、IELTSに詳しい人に添削を依頼することも大切です。

しかし「身近にILETSの添削をしてくれる人がいない」という場合もあるでしょう。

効率よく目標スコアまで英語力を向上させるためには、スクールの活用がおすすめです。

次章では、IELTS対策におすすめの英語学習スクールをご紹介します。

IELTS対策ならPlus One Point

「Plus One Point」とは、累計2,500名の方が受講しているIELTS専門の英語学習スクールです。

全ての授業をオンラインで受講可能であり、目標レベルに分けてクラスが分けられています。

IELTSで高得点を取得している講師陣から学習カウンセリングを受けることもできるため、モチベーションも保ちやすいでしょう。

IELTSの受験回数まとめ

IELTSの受験回数の平均は45回ですが、目標点によっても変動します。

書類の提出期限に間に合うよう、受験の数を重ねるだけでなく、スクールを活用して対策を行いましょう。

この記事を参考に、今後の進学・留学の目標に向けて、受験プランを作成してみてください。