英語学習

IELTS奨学金に合格するためにやったこと

私は2020年度のBritish Coulcil Japan IELTS奨学金に採用されました。

この記事では同奨学金に応募される方へ向けて、

合格のためにどんな工夫ができるかをご紹介します。

後半では採用された際の志望理由書も公開しています。

合格のためにやったこと

2020年度のIELTS奨学金の審査は書類審査+オンライン面接からなりました。

この奨学金では書類審査の時点で申請者をかなり絞り込むので、まずはきちんとした志望理由書を作成することが大切です。

志望理由書の基本については別の記事でご紹介していますので、合わせて参考にしてください。

【大学院生の奨学金獲得】採択率を上げる志望理由書の書き方理系大学院生は学振をはじめ、様々な奨学金・フェローシップに出願する機会があります。 様々な志望理由書を比較すると分かるのですが、似...

ここからは、IELTS奨学金に特化して、私が意識したことをご紹介します。

留学先で学ぶことを明確にする

申請者は全てイギリスの大学院へ進学される方なので、みなさん熱い想いを持っています。

その中でも抜きん出るために、自分がどんな学問をなぜ学びたいのかを伝えることが大切です。

私はエッセイの最初の段落で「ケンブリッジ大学で植物細胞壁の研究がしたい」ということを打ち出しました。

IELTSをどう頑張ったのかを盛り込む

私はIELTSで要求点を取るまでに非常に苦労したので、その逆境を乗り越える過程を記述しました。

具体的には、

「最初は5.5点しかなくて落ち込んだけど、そこから1年以上勉強して、最終的には7.0が取れた」

「その過程で粘り強く継続することの重要性を学んだ」

というように、IELTSを通して身につけた力にも言及しました。

IELTSアンバサダーとして何ができるのかを盛り込む

IELTS奨学金に採用された方は、いわば代表になるわけなので、アンバサダー的な活動も求められます。

日英の架け橋となることが期待されているのですね。

そのため、私はどのように社会に貢献できるのかを明記しました。

具体的には、

「友人が海外大学院を受けるのに協力したこと」や、

「 Webサイトでの情報発信を通して、留学を身近に感じてもらえるように務めていること」

を書きました。

実際に提出したエッセイ

私は次のエッセイを提出しました。

The plant cell wall is the key to creating a sustainable society. I sense danger in the rapid decrease in biological resources, while industrialisation continues to increase. Scientists are attempting to invent new techniques to create alternative energy sources; however, the most fundamental approach is to utilise biomass, especially that of plants. To achieve this goal, I have decided to gain deeper insights into the plant cell wall through applying for the Ph.D. course in Biochemistry at the University of Cambridge.

As an undergraduate, I studied at Michigan State University for two semesters as an exchange student. The institution’s superior teaching system and research environment influenced me greatly; I was inspired by students learning independently and doing research that stemmed from their curiosity. Then, in my fourth year of university, I decided to attend graduate school in a Western country. I was eager to be supervised by Professor Paul Dupree, a well-known scientist who studies plant cell wall research at the University of Cambridge, so I started to prepare my application. The requirement of English ability was quite high: 7.0 overall. At that time, I did not have sufficient English ability; in fact, my first attempt at IELTS was 5.5 overall. This was a great disappointment, but I continued to study English for a year while completing my master’s program in Japan. I finally achieved my target score on my 12th test; more importantly, I was accepted into the University of Cambridge. This experience gave me confidence, and I realised the importance of long-term effort.

I am grateful for receiving this high level of education due, in part, to my improved English skills. To express my thanks, I have been promoting study-abroad activities at various universities and talking with students who want to study abroad. In fact, a friend in a neighbouring lab decided to go to a university in Switzerland to strengthen his research in organic chemistry. I also made friends from different countries during my first study abroad experience, and I now realise that our common experiences in Japan are uncommon in other countries. Understanding cultural differences has increased my tolerance for others’ values and allowed me to embrace diversity. I now run a website that promotes study abroad. It provides information on how to study English, how to apply, and how to obtain scholarships. I want to utilise my experience as an IELTS ambassador to support ambitious Japanese students and to be a role model for them.

In closing, I would like to continue my research in Europe and set up my own laboratory in the future. My goal is to accept students from all over the world, hold lively discussions, and share the results of our research with society.

面接の様子

面接は日本人1名、イギリス人1名の計2名によって行われました。

かなり形式的な感じで質問も2, 3個といった感じでした。

聞かれたことはよく覚えていませんが、大学院での研究のことについて少し話したのと、IELTSの勉強が大変だったかどうかを話したような気がします。

いずれにせよ、面接はとてもフレンドリーな感じで、おそらくこの時点でほぼ候補者が決まっているのだと思います。

まずはIELTSのスコアを取ることが重要

IELTS奨学金は30万円をサポートしてくれる非常にありがたい奨学金です。

ただし、出願にはIELTSのスコアを6.5以上取っている必要があるので、早めにIELTSの勉強を開始するのが大切です。

IELTSスクールで最もおすすめなのが「Plus One Point」です。

熟練された講師のレクチャーを日本語で理解できるので、どんなレベルの方にもおすすめできます。

ぜひ無料相談をして、IELTS学習に役立ててみてください。