英語学習

IELTSを初めて受ける人がやるべき準備!持ち込める物や鉛筆の濃さについて解説

IELTSは初めて受験される方にとって、とても緊張する試験だと思います。

価格や試験時間、受験目的、準備期間などを考えると絶対に失敗したくないですよね。

今回は緊張を少しでも和らげ、リラックスした状態でIELTSを受験できるよう、当日の流れや持ち物から、鉛筆ってどんなものを使用したらいいのかな?といった気になることまで丸ごと全部!紹介します。

IELTS受験当日の持ち物、鉛筆の濃さは?本数は?

IELTSの試験会場に持ち込めるのは、

  • 鉛筆
  • 消しゴム
  • パスポート
  • パスポートのカラーコピー

以上5点のみ。

それぞれに決まりがあるので、大切な持ち物5点について詳しく確認をしましょう。

鉛筆の濃さや本数は?シャーペンは使える?

IELTSでは、ペンやシャーペンの持ち込みは不可となっており、黒鉛筆が持ち込み可能です。

鉛筆のキャップや鉛筆削りなども持ち込み不可なのでご注意ください。

ちなみに、鉛筆削りは試験室に用意があるので、もしもの時は安心ですね。

鉛筆の濃さは、濃すぎず薄すぎずのHB程度が良いでしょう。

薄いものだと芯が硬いため折れやすく、濃いものだと柔らかくせっかく書いた字が潰れてしまう可能性もあります。とはいえ、ご自身の好みもあると思いますから、使いやすいものが一番。

IELTS受験前に一度鉛筆を使って実際に紙に書いてご自身に合っているか書き心地を確認をするのもおすすめです。

記述が多いIELTSですので、ストレスなく最後まで進めたいですよね。

では、持ち込む鉛筆の数はどれくらいだと良いのでしょうか?

おすすめの持ち込み鉛筆の本数は3本〜5本。

万が一試験中に落として芯が折れてしまった場合、残りの鉛筆が1本だと心もとないですよね。少なくとも3本は準備しておきましょう。

そして、たくさん書いて鉛筆の先が丸くなってしまう苦手という方は5本ほど手元にあると試験の後半も気にならずに試験を進められるはず。

また、鉛筆の形状は円でないものがベター。転がってしまわないように六角など定番の形が良いでしょう。

ちなみに、落としてしまった時は、試験会場の係の方が拾ってくださるので、自分では拾わないよう注意しましょう。

消しゴムはどんなものがおすすめ?

消しゴムは、カバーが持ち込み不可なのであらかじめ外しておきましょう。

鉛筆同様、机から落ちてしまっても焦らないように2つ用意しておくのがおすすめです。

また、試験中に“擦っても消えない、、、”と焦ったり時間を無駄にしないためにも消えやすい消しゴムを準備するのが良いでしょう。

パスポートとパスポートのカラーコピー、両方必要なの?

試験当日に有効なパスポートとパスポートのカラーコピー両方が必要です。

パスポートの原本は絶対に、絶対に忘れないないでください!

有効なパスポートを忘れてしまった場合、

“いかなる理由でも受験をお断りします。”

と、IELTS公式ホームページにも記載があります。

感覚的には海外旅行に行く時と同じ。

有効なパスポートを忘れると受験することができません。

その際、日程変更や返金もできないので、必ず有効なパスポートを準備しましょう。

パスポートのカラーコピーは写真が載っている面の2ページが必要。試験前に早めに準備をしましょう。

申し込み後、パスポートを更新した際は別途申請が必要になります。

長い試験時間、飲み物は持ち込めるの?

飲み物は水飲み持ち込みが可能です。

ただし、容器は無色透明なものに限ります。

うっかりお茶などを持っていても試験会場には持ち込めません。

IELTS受験時、鉛筆等以外の手荷物はどうするの?

上記でお伝えした①鉛筆②消しゴム③パスポート④パスポートのカラーコピー⑤無色透明の容器に入った水以外は試験会場に持ち込みができません。

そのため、その他の手荷物は別室に預ける必要があります。

試験中、荷物置き場は施錠されますが、貴重品はなるべく持ち込まないようにしましょう。

財布

財布などの貴重品も別室に預けることになります。

受験料はあらかじめ支払いを済ませている状態なので、当日支払いは発生しません。

念のために、現金などは最低限にしましょう。

スマホ、電子機器

スマホ、電子機器も持ち込みは不可です。

スマホは音の出ない設定にしなければいけないので、マナーモードになっているか試験会場に着く前に確認をしましょう。

テキスト、参考書

財布やスマホ、電子機器と同じくテキストや参考書も試験会場には持ち込み不可です。

当日はすぐに別室に預けることになりますし、あいにくIELTSは当日少しテキストを確認してどうにかなるような試験ではありません。

荷物になってしまうのでいっそのこと持っていかないのも選択肢としてアリではないでしょうか。

当日や前日に焦ってテキストや参考書を見返す付け焼き刃の対策では太刀打ちできません。

では、どうするのがベストなのでしょうか?

IELTS初心者におすすめなのは、やはりしっかり対策をして臨むこと。

「IELTSの受験が初めてでどう対策をしたらいいのか分からない」

「自分の学習方法が合っているのが心配」

という方はIELTS対策に特化したPlus one pointがおすすめ

IELTS対策のプロのリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの対策を受けることができ、目標スコアまで最短で到達出来ます。

IELTSや英語学習に限らずですが、分からないことを一人でずっと悩んでいたり迷っていても解決策は見つかりません。

Plus one pointでは無料の学習相談を気軽に行えるので、迷う前に悩む前にぜひプロに相談してみてくださいね。

その他手荷物

手荷物は基本的に全て別室に預けますが、目薬、松葉杖、常備薬、補聴器など許可を得ることによって持ち込めるものもあります。

あらかじめの申請が必要になりますので心配な方は早めに問い合わせをしましょう。

ティッシュは試験室に用意があるので、花粉症や鼻炎の方も安心です。

鉛筆や持ち物の確認はOK!IELTS当日の流れをチェック!

テスト当日の流れは以下の通り。

時間に余裕を持って会場に向かいましょう。

荷物預け

受付

本人確認、持ち物チェック、指紋登録、写真撮影

*なお、写真は無帽、眼鏡を外す等IELTSの規定に沿って撮影が行われますので、係員の指示に従いましょう。

試験開始 9:00頃

問題用紙・解答用紙配布

ライティング(60分) 9:20〜10:20

リーディング(60分) 10:30〜11:30

リスニング(40分) 11:40〜12:20

試験終了 12:30頃

スピーキングテストのチェックイン時間は申し込み内容により異なります。

2Dayセッションの場合は9:30〜19:30、1Dayセッションおよび東京、大阪以外の公開会場の場合は13:00〜19:30です。

ご自身のマイページの確認が必要です。

IELTS試験中、休憩時間はある?トイレが渋滞ってほんと?

上記スケジュールをご確認いただくとお分かりになるように、IELTS試験時間は約3時間半。

基本的には試験室から退室することはできません。

公式ホームページにも記載がありますが、

受付前に必ずお手洗いを済ませましょう。

受付前や試験後は付近のお手洗いが混み合います。

特に女子トイレは大変混み合うことが予想されるので、あらかじめお手洗いの場所を確認しておくと良いでしょう。

試験途中のやむお手洗いや体調不良等を得ない退席は許可されていますが、退室した時間の延長などはありません。

試験全体や各技能のインストラクション中、リーディングテストおよびライティングテストの終了10分前、リスニングテスト中の一時退室はできません。

寒い?暑い? IELTS受験にふさわしい服装はどんな服装?

IELTS受験において、服装の指定はありません

試験時間も長くずっと座っていることになるため、自分の楽な服装で大丈夫。

ただし、英語が書かれているものは要注意です。

服を裏返しにして英語が分からないようにして試験を受けなればいけない、、、なんてことも稀に発生するそう。

基本的には無地、そして温度調整がしやすいよう重ね着が良いでしょう。

当日の気温をあらかじめ確認しておくことももちろん大切ですが、試験室の冷暖房の状況は当日行ってみないとわかりませんので、暑がりさんも寒がりさんもパーカーやカーディガンで調整できるようにしておきましょう。

IELTS受験のまとめ

IELTSのまとめは以下の通り。

持ち物は5点

・鉛筆

・消しゴム

・パスポート

・パスポートのカラーコピー

・無色透明容器に入った水

あらかじめの確認はしっかり

・持ち物

・試験会場

・試験時間

いかがでしたか?IELTSを受験する際は、成果をしっかり出せるようあらかじめ学習をし、確認に確認を重ねて挑んでください。

皆さんの成果が発揮できるよう祈っています。Good luck!

本サイトではIELTSの勉強法などに関する記事を発信しているので、合わせて参考にしてみてください。

初めてのIELTS受験はどう対策するの?具体的な手順を紹介IELTSは海外留学に必要な英語試験であるだけでなく、日本の大学進学の際にも使える語学試験としても人気を集めています。 しかし、内...
Plus One Pointの無料相談! IELTS7.5のためのプランを相談してみた本ウェブサイトではIELTS学習のための最も効率的な方法として「Plus One Point」が提供する講義の受講を提案してきました。 ...
IELTSライティングのモデルアンサーを完全公開【使える表現が沢山】私はIELTSでは「Overall 7.0かつ、スピーキング・ライティングでそれぞれ7.0以上」が必要だったのですが、中でもライティング...
これからはじめる! IELTSの問題形式や受験に関する基礎知識 この記事ではこれからIELTSを受験する人に向けて、IELTSの基本的な特徴をご紹介します。 IELTSには2つの種類が...