留学・イギリス生活

海外の大学院進学にはIELTSスコアが必須? ~国別必要スコア目安&大進学に必要な準備をご紹介~

海外の大学院進学を考える方にとって、英語力の証明方法はクリアするべき最重要項目です。

そのため、海外の大学院進学にあたって、まずは英語力アップを目標とされる方も多いでしょう。

しかし、実際に海外の大学院に進学するために必要な英語試験は何なのか?また、どの程度のスコアが必要なのか?といった疑問を明らかにしなければ、効果的な学習効果は望めません。

そこで本記事では、海外の大学院進学に必要な英語試験の種類や具体的なスコアについて詳しく解説します。

海外の大学院進学を考える方におすすめの内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

海外の大学院進学には英語力の証明が必須

まず、海外の大学院は基本的にすべて書類審査で進学の可否が決定します。

そのため、自身の英語力について証明する書類、すなわち英語資格試験の証明書の提出が必須となります。

英語力の証明にあたっては、TOEFL・IELTS・GRE・GMATなどさまざまな試験があります。

しかし、日本においては、受験しやすくスコアアップを狙いやすいTOEIC・IELTSを受験することが一般的です。

IELTS/TOEFL、大学院進学にはどちらがおすすめ?

では、IELTSとTOEFLではどちらの試験がより大学院進学に有利なのでしょうか?

先述の通り、海外の大学院進学においては書類審査が主となりますので、この場合の「有利」とは、希望の大学により入りやすい試験=よりよいスコアが狙える試験を指します。

IELTSとTOEFLの違いに触れながら、特に高いスコアの狙いやすさの観点で詳しく解説します。

       進学希望先にもよるが、おすすめはIELTS

結論から言うと、進学を希望する大学院にもよりますが、基本的に大学院進学にあたってはIELTSの受験をおすすめします。

もちろん、TOEFLのみを有効とする大学院などの例外はありますが、どちらの試験も有効である場合、筆者は以下の理由からIELTSを推します。

IELTSのほうがややスコアを取りやすい

まず、先述の通り、大学院進学にあたっては高いスコアを確実に取得し、書類審査に合格することが必要です。

そのスコアについて、IELTSのほうがTOEFLと比較してより取りやすい傾向にあり、この点がIELTSの受験をおすすめする理由の1つです。

では、なぜIELTSのほうがTOEFLよりもスコアが取りやすいのかをお伝えします。

まず、IELTSはReading、 Writing、 Listening、 Speakingそれぞれの試験が特徴のある問題形式で構成されています。

そのため、総合問題が出題されるTOEFLと比較して、セクションごとの対策を繰り返し行うことでスコアアップが図りやすい傾向にあります。

また、TOEFLのスコアが点数であるのに対し、IELTSのオーバーオールスコア(合計スコア)は4技能のスコアの平均値を切り上げる方式のため、各技能のスコアの取り方によっては合計スコアが高めに算出されることもあります。

さらに、リスニングパートの難易度がTOEFLと比較してIELTSのほうがやや易しいという点も、リスニングを不得手とする人が多い日本人にとって有利に働いていると言えます。

以上のことから、IELTSのほうがTOEFLと比較してスコアを取りやすいと言えます。

しかし、大学院によってはこの難易度の違いを考慮し、入学に必要なIELTSの必要スコアがやや高めに設定されているので注意が必要です。

具体的に目標とする大学院がある場合、あらかじめ必要なTOEFL/IELTSスコアを調べておくことをおすすめします。

受験方式が選べる

TOEFLは、全セクションをコンピュータで受験するテストです。

それに対して、IELTSは出願時にペーパー形式かコンピュータ形式か、受験方法を選択することができます。

コンピュータ形式は、ライティングももちろんコンピュータ操作で入力しますので、誤入力やミスタップで実力を発揮しきれない可能性がある、という懸念を抱く方も多いかと思います。

一方でペーパー形式は、日本の教育において一般的な試験形式ですので、コンピュータ形式と比較して落ち着いて受験ができるというメリットがあります。

この受験方式を選べる点が、IELTS受験の利点といえます。

スピーキングが面接形式

TOEFLは、マイク付きのヘッドセットを着用し、マイクに向かって解答を発話します。

解答は録音され、3~6名の試験官により採点されます。

このTOEFLの虚空に向かって発話する形式に違和感や緊張感を覚える人も少なくありません。

また、質問の内容をうっかり聞き逃してしまった際に、聞き返すことはできません。

それに対してIELTSのスピーキング試験は面接官と1:1で行われます。

面接官はあいづちやうなずきをしてくれますので、TOEFLと比較してやや話しやすく感じる方が多い試験形式です。

質問の内容がよくわからない場合や、聞き返したい場合にも応対してくれますので、スピーキングの形式から好んでIELTSを選択する方も多いです。

海外の大学院進学に必要なIELTSスコアとは?

では、実際に海外の大学院進学にあたって必要なIELTSスコアはどのくらいなのでしょうか。

細かくは大学院ごとに異なりますが、以下に大学院進学にあたって必要なスコア概要を国別にまとめました。

アメリカ IELTS6.5~7.5程度
カナダ IELTS6.5~7.0程度
イギリス IELTS6.5~7.5程度

※世界大学ランキングで1位を獲得したオックスフォード大学はIELTS7.5を最低ランクとしています。

オーストラリア IELTS6.5~7.0程度
ニュージーランド IELTS6.5程度

上記の表からわかるように、海外の大学院進学にあたってはミニマムでオーバーオールスコア6.5以上が必要なことがわかります。

多くの大学院で、IELTSのオーバーオールスコアスコアが7.0以上あれば、基本的には出願資格を満たせるため、具体的に目標の大学院が決まっていない場合は、オーバーオールスコア7.0を目標に学習をすすめるとよいでしょう。

以下の記事で、IELTS7.0の難易度についてより詳しく解説しています。

7.0のレベルを具体的に知りたい、という方はぜひこちらをご覧ください

IELTSバンドスコア7.0の難度とは?~レベル感と対策を解説~海外の大学進学やビザ取得を目標とした際,“IELTS7.0が必要”と目にしたことがある方も多いかと思います。 しかし,これまでにI...

また、当サイトの以下の記事では、海外大学院進学に必要なIELTSスコアや費用、勉強時間についてより詳細に解説しています。

こちらもぜひご一読ください。

海外大学院進学に必要なIELTSのスコアは?【費用や勉強時間を解説】最近では海外大学院向けの奨学金制度の充実がみられ、学位を取得するための正規留学が増えてきました。 しかし、学校選びや願書の作成に関...

海外大学院進学を目指すために必要なこと

ここまで、海外大学院進学に必要な英語能力試験であるIELTSのスコアについてお伝えしました。

海外大学院への進学にあたっては、IELTSのスコアだけでなく必要な準備があります。

以下で、海外大学院への進学にあたって必要な準備をまとめて解説します。

①海外大学院で何を学びたいか、目的を整理し、志望校を決定する

まず何よりも先に行わなければならないのは、進学目的の明確化です。

海外大学院で何を専門に学習するのか、またなぜ海外の大学院でなければならないのか、この点を自身で明確にする必要があります。

後述の大学院進学時に必要な提出資料にも、これらの情報を記載することになりますし、何よりも進学先の検討にあたってはこの学習の動機と大学院の専門分野の合致が必要不可欠です。

自分の研究テーマをより深堀できる大学院を探すためにも、まずは自身の進学目的を明らかにしましょう。

そのうえで、自分の研究テーマや専攻に合った研究がどの国のどの大学院で行われているのかをよく調査し、志望校を決定しましょう。

② 出願までのスケジュールを把握し、行動計画を立てる

志望校を設定後、出願までのスケジュールから逆算して行動計画を立てましょう。

特に、出願の締め切りや出願条件については迅速かつ正確に把握することが必要です。

海外の大学院進学は基本的に書類審査で合否が決定しますので、出願までの準備こそが入学試験であると言えます。

また、出願締め切りまでに入学に必要なIELTSスコアを取得する必要がありますので、学習計画と受験予定を立てておくことが必要です。

専門スクールでのIELTS対策が効率的でおすすめ

海外大学院進学にあたって、IELTS対策を継続的・効率的に行いたいという方は、専門スクールの活用がおすすめです。

専門スクールはIELTSにまつわるノウハウを熟知していますので、一人ひとりの目標に合った学習方法や学習計画の指導を通して、限られた時間で効率的にスコアアップを狙うことが可能です。

また、入学にあたっての必要書類の準備には大変な準備と時間がかかりますので、最短距離で必要なスコアに向けて学習ができるスクール通学は、IELTSのスコアアップ以上のメリットがあります。

対面指導やオンライン学習など、スクールによってそれぞれ通学方法に特徴がありますので、自分に合った専門スクールを検討してみるのも良いでしょう。

当サイトでは、以下の記事でIELTS対策におすすめのオンライン学習についても解説しています。

海外大学院進学に向けて効率的な学習をしたい、という方に特におすすめの内容となっておりますので、ぜひこちらもご覧ください。

IELTS対策はオンライン学習で完結!Plus One Pointがおすすめである理由海外留学のためにIELTSを勉強されている方は年々増えています。 IELTSではTOEIC対策法のような分かりやすいテクニックが少...

③出願書類を準備する

次に、大学院進学にあたって必要な書類を用意する必要があります。

必要書類の例を以下にまとめましたので、出願を検討する際の参考にしてください。

  • 願書
  • 大学の成績証明書
  • エッセイ
  • 履歴書
  • 推薦状
  • IELTS/TOEFLスコア

特に②③④⑤については、大学院進学にあたっての志望理由や大学での研究内容、大学院での専攻について深く思案したうえで記載する必要があります。

出願にあたってのバックグラウンドやキャリアとして見据えているゴール、留学の目的など、自らの言葉で余すことなく語れるように書類を準備しましょう。

まとめ

本記事では、海外の大学院進学に向けての準備の1つとして、IELTSの必要スコアを軸にお伝えしました。

海外大学院進学は、自分自身の学びを昇華させる絶好のチャンスですので、万全の準備をしたうえで、希望の進学先に合格できるよう準備しましょう。

当サイトでは、他にもIELTSの勉強法についての記事を多く掲載しています。以下に、当サイト内でご紹介しているIELTSの勉強法をまとめたページを記載しますので、ぜひこちらもご一読ください。

IELTS勉強法まとめこの記事ではサイト内にバラバラになっている、IELTS対策用の記事を用途に応じて分け、読者の方が必要な記事にすぐにたどり着けることを目的...